藍色の輝きを持つ人々

占い

その特徴と生き方とは

インディゴチルドレンとは、1970年代後半以降に生まれた、藍色の輝きを持つ子供たちのことです。インディゴチルドレンは地球の波動上昇させるという使命を持って生まれてきた戦士であるとされています。ですが、転生するときは前世の記憶を持たずに生まれてくるので、本来のあり方を忘れて現代社会にうまく適応できずに苦しんでいる人も少なくありません。何らかの病名をつけられて病人扱いされている人もいます。ですが、本来の使命を思い出せば、自分らしく輝き活動することができるでしょう。インディゴチルドレンは、幼児期、精神、能力のそれぞれの分野で特徴があります。幼児期では、1970年代後半以降に生まれていること、過敏で育てにくいこと、集中力は並外れているがムラが大きいこと、他人の気持ちを忖度できずADDやADHD、アスペルガーなどの病名がつくことも多いことなどがあります。精神的には、純粋であること、独立心が強いこと、気持ちを曲げない頑固さ、強さがあること、人間関係は狭く深いものを好むことなどがあります。能力としては、創造的能力が高いことが多く、予知能力、共鳴能力などの超能力と呼ばれるような能力を持っている人が多いなどの特徴があります。ただ、こうした能力はきちんとした指導者に出会わなければ開花しないので知らない人も多いです。こうした特徴は現代社会では生きにくいものですが、自らがインディゴチルドレンであることを自覚することで状況は変わってきます。自分の能力を自覚し、自分の集中できるものに没頭することで能力を開花させ、社会の役に立つことができ、今よりもよい生き方ができるはずです。